出来るだけ、シンプルに生きていきたいです。
でも、嵐はやはり欠かせない存在です。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

教育というのは…
何なんだろう?

最近はなんとなくこのことを考えてます。

人間というのは動物と違って、教育を受けて、そして、立派な人になって、

この社会のために、そして、自分のために、生きていくじゃないだろうか?

少なくとも、私はそう思います。

教育とはね、自分の環境を変える一番大きい力だと思います。

学歴はすべてではないだけど、教育を受けることで自分の未来をもっと多くの道が広がってくれると思います。

だから、勉強するということが大事です。

もちろん、勉強するのは教科書で載せた知識だけではなく、学校で友達との付き合いも勉強の一輪だと思います。

学校生活の中から一番大切なことを教わってくれるなんじゃないの?

でも、この思いは生徒たちに伝わってないみたいです。


うちの学校は台北県にある。

台北市に近いし、その上、家賃は台北市よりずっと安いから、昔から台北市で仕事をしてる人々が暮らしてます。

それに、台湾のほかの町からの人々は「台北ドリーム」を持って、ここで暮らし始めた。

三重市というところです。

昔から、こういうウワサがあるんだけど。

三重市には「2多」があります。

一つ、ヤクザが多い。

一つ、ごみが多い。←要するに汚い。

今はごみはそんなに多くないが、ヤクザが多く居るのは間違いない。

生徒の親だって、軽く4〜5名のヤクザがいるんだから。

ヤクザだけど、先生に対しては尊敬してるから、大丈夫。
まあ、たまにも訳わかんないヤクザが学校にやってきて、大騒ぎになったことだってあったそうだけど。

この地域の生徒の家庭環境は酷い。

ヤクザの子供だったら、また生活的にはトラブルがなくて、お小遣いとかは私から見ると呆れるほど多いから。←それもそれで問題の一つだけど。

でも、ほかの子たちは大変です。

親はほとんど商売をやってる、しかも、夜市の商売で夜になるとほとんどうちに居ない。
そうすると、子供は誰と一緒、どこへ行ったのも分らない。
親が深夜の2時にお家に帰るとき、子供はまだ帰ってない事だってあります。

自分でもちゃんと勉強してなかったせいで、子供に勉強を教わることが出来ない。その上、子供の宿題とかぜんぜん気にしてない親だって居ます。

お酒が好きで無職で一日中ウロウロしてて、夜はテレビを見るとお酒を飲むだけの親だって居ます。
しかも、うちのクラスの子はお父様と一緒にアダルト映画をみていたことだってありました。

子供が悪い事をした時、理由かなんか一切聞かなくて、殴ってきたことだってあります。
それと正反対、「完璧」な無関心。
生徒が学校でケンカしたんで、お父さんに電話した時、「あっ、そっか、分った、はいはい、迷惑かけてすまん。」とあっさり電話を切った。
女の子が彼氏のうちに泊まって、二日も帰ってこなかったことがあって、叱ることがなかった。笑って流したらしい。

お父さんはもう80歳近いの生徒だって居ます。生活がすごく大変で、学費とかは全然払えません。
しかも、お母さんは精神的にちょっと問題があるらしくて、子供の面倒見が全然出来ません。

もうね、たまにはだんだん分らなくなっていく気がします。

教育は一体何のために存在してますか?

私はずっと「自分を変える力だ」と思いますが、

このままじゃ、何の変わりもなってないじゃないですか?

結局、この酷い環境から脱出する事が出来なくて、そして、結婚して(結婚しないかも)、また子供を産んで、で、育児なんかしません。

また、自分の生活でいっぱいで、子供の面倒もちゃんと見る事出来ません。

子供も何か正しいのが分らなくて、ヤクザへ行く道とか、ヤバい商売への道とか進んでくだけです。

そう考えるとぞっと来ます。

切ないです。

教育というのは…

一体なんだろう?

何だろう?



日本語でこんな事を書くのが難しいですが…なんか書きたかった。
教師の日。
今日は台湾の教師の日です。

昔、この日は休日でのんびり出来るんだが、今は平日。

しかも、うちの学校の授業の取り組みによって、
水曜日が一番キツイです。

だから、今日はいい思い出になりそうもないと思った。

でも、嬉しかったです。

朝、オフィスに着いた時、机の上にカードが置かれたり、プレゼントもありました。

今日一日中は授業で忙しくて、あんまり生徒たちとゆっくり話せなかったけど、

カードを手に渡ってくれて、「ハッピーティーチャーズ ディー」といってくれて、

それだけで、嬉しいです。

教室に入ったと、

普段「起立、礼」とか言わせないクラスはなんと

詩を読んでくれたり、歌を歌ってくれたりしました。

ビックリした。

鳥肌が立った。

とても嬉しかったです。

私を泣かせる気か!と。

手作りのカードはちょっとヘタで字も汚いけど(笑)、

その気持ちが泣ける。

9時間目
(だから水曜日がキツイ。進学クラスのために、特別授業もあるんだ)を終えて、

オフィスに戻った。

ドアを開けると机の上にケーキが置かれた。

本当は生徒たちにお金を使わせたくないんだ。

学生だから、お小遣いがなくなってるんじゃないかと。

それは申し訳ないと思います。

でも、その気持ちはとても嬉しかったです。

本当に、みんな、ありがとう。

今年の教師の日はとても充実で嬉しかったです。



ちなみに、ネットで調べてみたんですが、
中国の教師の日は台湾のとは違って、9月10日だそうです。


ps.若奈ちゃん、電話してくれて、ありがとう〜♪
  イーちゃん、電話ありがとう〜♪
  育さん、電話ありがとう〜♪ 
pps.てつ、電話してくれて、ありがとう〜♪
休みの日...
でも、また仕事してるんだ。

教師という仕事は、大体こういう感じです。

休みの日は次の授業の準備しないといけないんだ。

新米ということで、余裕はまだ出てきません...

教師になって3年目の始め、担任の2年目、

勉強しなきゃいけないことは山ほどあります。

この仕事、大好き!

とはまだ言えませんが、毎日頑張って楽しんでいく。

仕事を楽しむ!

というのが私の目標です。

オフィスの同僚たちとは仲良くやってくれますし、

それは本当に助かりました。

困ってる時もちゃんと相談乗ってくれますし、

ヘッコンだ時だって、話聞いてもらいましたし、

皆に感謝してます。



話を変えるんですけど。

昨日は雑誌(アイドル誌)を買いに*西門町*に行ってきました。

レジに店員さんが雑誌を持ってくれるのを待ってた。

そのとき、隣の人に声をかけられた。

「あの...もしかして、この間東京に会ったんだ?」

と、なんと、

8月に東京にコンサートをみに行った時、

偶然に出会った、嵐ファンの男の子です。

お互いにメールアドレスは知ってますが、

仕事が忙しくて、なかなかメールする時間がありませんでした。

なんと、こんなところで再会するなんて!!

ビックリした!

世界は狭いですね...

台北は狭いですね...



やっぱり、悪い事しちゃダメですね、

いつかどこで誰かと出会うのが分らないんだから。



*西門町*
台北にあって、有名な若い人の溜り場、台北の原宿と言われてます。
賑やかで楽しいとこです。
洋服が安く買えるのが評判で、すごく人気がある。
私にとって、アイドル誌が安く購入する事が出来て、うれしいです。
人に優しい
つもりです。

昔から「金八先生」とか「GTO」とかこういう学園ドラマや漫画が好きです。

教師になったら、絶対そんな先生になるんだと自分で決めていた。

今思えば、甘いなぁ〜と思っています。

確かに、
とこんと生徒たちを面倒見てます。
真正面付き合っています。
ウソはつきません。
(まあ、たまに「業務用」のウソが必要だが)

でも、
分る人には分るんだと最近は思います。

教師という仕事、一番嬉しいなのは

生徒が成長した!と実感した時です。

なかなかうまく行かない事は山ほどありました。

人との繋がりはこういうもんだと分ってますが、やっぱり、
期待があったこそ、生徒たちがもっと頑張ってもらいたいです。
今はうまく行かなかった方が多い気がしますけど。

それでも、
毎日いろんな刺激を受けながら、
私も日々成長してるんだと思っていていたいです。




でも、

やっぱり、

ヤンクミのような、

空手とか格闘技とか

習っといたほうがよかったじゃないか?

と最近は思った。