出来るだけ、シンプルに生きていきたいです。
でも、嵐はやはり欠かせない存在です。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

バスに乗ったら
バス通学の私は、
大学・院は同じ大学に行ったから、
ずっと同じ路線のバスを利用した。

30分以上もかかったの通学路、
運転手たちの勤務時間も把握できるぐらい、
毎日この路線を使った。

バスの進行とともに流れてく、見慣れた町並みは時々違う顔を持ってた。
昨日までやっていたお店は今日から閉店する、いままでありがとうございますと書かれた張り紙があったり、
店内改装したりしました。
あっちは閉店、そっちは新装開店。
新しいお店がオープンする時、店員さんたちが元気はつらつに通りかかった人たちに声をかけたり、
チラシを配ったりしました。
ここ何年同じ建物でもお店の顔は何度も変えたんでしょうか。

大学院を卒業してから、
この路線を滅多に利用しなくなってきました。
たまに同じ路線を走ってるこのバスに乗って、
懐かしい気持ちがいっぱいです。

今日はその日です。

昔から、バスに乗りながら、小説を読むという習慣があって、
ある日、前に座ったおじさんにそういわれた、
「なぁ、君、バスの中で読書するのは目に悪いから、やめたほうがいいよ」と。

ある工業学校の放課時間に通ると、乗車してきた学生たちがバスから溢れ出しそうになる様子。

バレーの練習で疲れて、バスの中で爆睡して、そして、終点駅まで乗り越しちゃった。
運転手さんに起こされたこと。そのあと、1時間もかかって家まで歩いていた。

誰かがバスの中で食べた朝ごはんを全部吐き出した跡、ニオイ。

知らない外国人の目にあうと、すごく睨まれて、
「なんだ、オレにケンカ売ってんの?」とこっちまで迫ってきた。

運転しながら居眠りしたりする運転手の姿。

午後の日差しがつよかったこと。

バスから降りようとする時に、お財布は家に忘れた事に気付き、
その時、隣に座った親切な方が乗車代を払ってくれたこと。

バスに乗ると、名前が呼ばれた気がして、後ろに振り向いたら、
なんと、大学二年に一緒にイベントの仕事をした友達、
そして、当時に話題になった彼女(すごく積極的に友達を追いかけた)
二人は仲良く私に手を振った。
5年ぶりの再会はバスの中で。

院時代に海外から帰ってきた華僑の生徒を教える事があった。
その生徒たちとはすごく仲がよかった。
よく夜に一緒にご飯を食べたり、キャンパスでみんなが集まって、話をしてた。
帰りにみんなが一列を並んで、私がバスに乗ったのを見送ってくれて、
そして、投げキスをしたこと。

バスに乗ったら、
思い出が途切れなく出てきます。

今日も小説を読みながら、時々町並みを眺め、
友人たちの顔を思い出しました。

みんなさん、元気にしてますか。
三十路になった。
今月の17日、私は30歳になりました。

たくさんのお祝いをありがとうございます。
17日を過ぎたその瞬間、携帯にメールを送ってくれた親友たち、
そして、MSNでハッピーバースティーを言ってくれた友達、
職場で祝ってくれた同僚たち、
たくさんの祝福をありがとうございます。

そして、
その日にちょっと感動した事がありましたね。
生徒たちには私の誕生日は教えませんでした。
まあ、年齢はバレましたけど、正確な日付は知りませんですね。
でも、
どの手を使って、私の誕生日を知ったのは今でもナゾです。

その日、私が授業のために、教室に入った時、すでに黒板に大きく
「お誕生日おめでとー!」とか
たくさんのお祝いを黒板に書かれて、
そして、
挨拶する時も、HAPPY BIRTHDAYといってくれました。
本当に嬉しかったです!

いや、この子達、可愛いです!

でも、何で私の誕生日にあなたたちに歌を唄わせたの?
逆じゃないの!!
再びの感動。
「東京タワー」を見に行ってきました。

ビッグスクリーンで見た岡田くん、松潤、黒木さん、寺島さんはDVDで見たよりかっこよかった。

映画館で見たときは、
「あ、この映画って、すごく迫力があるんだ」と再び思った。
切なさ、不安、怒り、興奮、喜び、嫉妬、狂い、悲しみ...、
役者さんたちのひとつひとつの表情や仕草に惹かれました。

繊細で素晴らしい演技を見せてくれて、ありがとう。

季節とともにいろんな表情を見せてくれた東京タワーはとても美しい。
雨に濡れても、スポットライトを浴びても、照明を消しても、どんな東京タワーも恋人たちを温かく見守ってます。

綺麗過ぎで、見るときに息をするのも忘れてしまいそうな東京タワーを見せてくれて、ありがとう。

映画のエンディングに流れた山下達郎さんの「Forever Mine」、キレイな歌声に感動しました。
曲を流れながら、ストーリーの1シーン1シーンが頭の中で繰り返してました、そして、
思わず目を閉じて、口ずさんでいた。

完璧にエンディングを仕上げてくれたBGMとテーマソングをありがとう。

再びの感動を、ありがとう。

微笑んで「あっ、絶対許さないからな。」と言った耕二くんがとても素敵でした。

東京タワー
江国香織さんの原作、岡田准一さんと黒木瞳さんが主演された映画です。
世界中で一番寂しい景色は雨に濡らされた東京タワーだと主人公が言った。
激しくて切ないラブストーリー、
キレイに映された東京の街、
俳優、女優が言ったセリフ、
愛と共に成長してる人々、
こんな「東京タワー」、
私は好きです。

「東京タワー」、
来月の9号に台湾でロードショー。

すごく楽しみにしてます。

DVDはもう見ましたし、小説も読んだけど、
それにしても、
一度に映画館のスクリーンで松潤の演技を見てみたいです。

ビッグスクリーンに映された東京タワーが見てみたいです。
そして、山下達郎さんの「Forever Mine」を映画館全体に流れるのを聞いてみたいです。

なにしろ、
松潤がこちらのメディアで報道されるのが嬉しいです。
(主役は岡田さんだけど...)


追伸。
最近は、この「東京タワー」にすごく興味がありますけど。

「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー (著)」

読んでみたいです。
電車男。
読んでる最中。

面白い。

人間はそこまで変われるんだと驚いた。

面白い。

頑張ってた電車男がすごくかっこいいです。

でも、一番かっこいいなのは掲示板の住人たちだと思います。

映画、見に行こうかなぁ〜。


外見と中身はどっちが重要なの?

そう言われると、

外見だと答えると思います。

もちろん、キレイとかお洒落とか、そういうのは関係ないんだ。

中国語には「相由心生」という諺があるんだ。

心が優しい人は絶対に仕草や表情からその優しさが見えると思います。

外見と中身は実は同じものから生まれたと思います。

なんか言ってる事がめちゃくちゃになってしまいました...。

ちなみに、山田孝之さんが演じた電車男って可愛い〜vv